ホーム レッスン 費用 生徒の声 Q&A 新着情報 アクセス

レッスン風景

基礎を身につけるための基本


 

基礎 『呼吸法・発声法・表現法』 3本柱を身につける

ボイストレーニングでは安定した息が通り、声が無理なく抜け、各部分に共鳴して良い声になって出てくる過程(プロセス)を学びます。そしてさらにこれらを身につけます。
またボイストレーニングと併せて歌唱や話し方に必要な各要素を整理して勉強し、結果として「感性が伴なった表現」ができるようにしなければなりません。

段階 (初級)       内        容

○腹式呼吸を知る 下腹の持ち上げ 呼気

○吸気から 呼吸練習1・2(以後毎回)

○歌の姿勢 腹式呼吸を歌に応用 呼吸練習3・4

○歌の呼吸の要領 呼吸練習5・6

○鼻腔通し その声で上下行パターン発声練習(毎回)

○マルカートの発声⇒小声でアクセント位置を感じる

○単語分け 認識・記入→歌う ※方法を知る程度に

○総合練習 基本の3本柱が平均となる 特に持ち上げ

 

呼吸や発声の練習は継続しなければ効果がありません。しかも練習ごとにその内容の精度をレベルアップして行かないといけません。

段階 (中級)       内        容

○横腹が凹んだ状態で吸気

○本格呼吸練習 頭部共鳴 本格呼吸で歌ってみる

○口の開け方 日本語の母音 呼吸・発声は毎回

○喉を開ける 喉を開けた声の声質を実感と歌に応用

○日本語の子音の練習 各子音での舌・息・唇の働き

○言葉のニュアンス出し 言葉の共鳴位置

○リズムの合わせ方 リズム出し リズムスタイルを知る

○額までの通り道を付ける

○顔面までの通り道を付ける

○方向性のある声の発声法

○声を頭頂部へ抜く

○声帯の柔軟体操 第1回 声をポルタメント 発声音「NA−」で上下

○声帯柔軟 2回目 上下行準備の要領 5度上下の要領

○声帯柔軟 3回目 胸声・胸声区・声区 喚声の要領

○歌の覚え方 フレーズを感じて歌う

○表現とは 言葉を吐く

○表現2 子音は外へ、母音・声は通り道を抜ける

○表現3 「気」をオーラとして前へ吐く

○表現4 詩の「心つき」を持って歌う

○表現5 「心つき」の単位ごとに感じ方を分けて歌う

○表現6 一言々々を歌う

 

"歌はその人の歌" です。基礎がしっかりしていれば自分なりの表現ができるようになります。話しも同じことです。自分が何を "言いたい" "伝えたい" ことが元になります。読むと話すは全く違います。話すには話したい内容がはっきり理解・整理されていなければなりません。

段階 (上級)       内        容

○総合・補充練習

 

随時 1.呼気を30秒へ

随時 2.頭部の揺れはマイナス

随時 3.ポイント決め

随時 4.アタックに段上げ

随時 5.共鳴とボリュームのレベルアップ

随時 6.単位時間を短く

随時 7.探り挽き(各音確認)

 

呼吸・発声を始め、同じ内容でも時期・段階によって、より深めてトレーニングします。以上のように、いろいろな刺激で腹筋・背筋・その他付随の筋肉、即ち「使って疲れる筋肉は必要な筋肉」となります。「疲れる筋肉をよりはっきりさせる」ことと「疲れる筋肉をもっと疲れさせればトレーニングになる」で練習しましょう。

ボイストレーニングの結果として「息・声・ことば・本人が感じた音楽や歌詞の内容」が聞いている相手に伝えられるための、声の通り道と出口とが開発されていることが最良です。

 

前ページへ戻る


(C) Sense & Voice Co.,Ltd. All rights reserved.